札幌市・函館市の介護施設|医療と介護の融合を実現する白ゆりグループ「メディカルシャトー」

  • 札幌地区

    011-899-1188

  • 函館地区

    0138-34-3231

スタッフのつぶやき

2017.07.03私生活について

「私のキキとララ」

「私のキキとララ」

     訪問看護リハビリステーション白ゆり  池田 梨里

 

私は3年前に訪問看護ステーション白ゆりに入職しました。

 

入職し間もなく2回目の検診で二卵性の双子を妊娠していることがわかりました。
喜ぶ気持ちの反面、すでに二人の子もいるので更に二人も増える驚きと不安が大きくありました。
双子を妊娠する確率は1/100と言われているそうです。

 

誰でも望んだからと言って授かる訳ではありませんし、くじ運のない私にとって大当たりを引いた喜びでした。
しかし、その反面、不安も大きく双子を育てて行けるのか、気力・体力・財力なども2倍以上必要になってきます。
心配事も数え切れませんでした。まだ、入職して1ヶ月の為、仕事に関しても右も左もわからない時期に妊娠がわかり、正直このまま残って働き続けられるのか不安でした。
上司やスタッフに報告すると、皆さん暖かい言葉を頂き安心して産休に入ることができました。双子も順調に経過し、
帝王切開で女の子と男の子を出産しました。二人を見た瞬間、今までの不安は吹き飛び、どうにかなるのじゃないかと前向きと言うか呑気な思いに変わっていました。

 

よく「双子は大変でしょう」と言われますが、年子よりもやることが同じだけにいいと思うようにしました。
もちろん、双子は大変ですがあまり神経質にならず、少々手を抜きながらでも前向きになって子育てをしています。

 

職場復帰し、突発的に休む事もありますが、お互い子を持つママが多い職場で協力し合える仲間に支えられています。
私は良い職場に恵まれ、仕事と子育ての両立を安心して働くことが出来ています。そんな双子も2歳5ヶ月になりました。まだまだ手がかかる時期です。仕事が終わり、保育園に迎えに行くと笑顔で「ママ」と走ってきます。
そんな笑顔を見るととても幸せを感じます。

 

これからの二人の成長が楽しみです。

スマートフォンサイトへ